橋本写真館のこだわり


想い

撮影に来てくださった方の「幸せ」
時代を超えても変わらない日本の伝統的な「美しさ」
今の時代に合った新しい「価値観」

それらを組み合わせ、人生や命をテーマに
豊かな価値・素晴らしい写真を生み出し未来に伝えたい。
橋本写真館はそう考えています。


撮影

ライティング・ストロボ
肖像写真のオーソドックスな光から、
実験的な新しいライティングまで様々な撮影を致します。
ストロボは、KIMACHI STROBO製の当写真館専用カスタマイズが
施してある特別なモノを使用しています。

当スタジオの撮影時のライティング(照明)スタイルは、
「ストロボを複数灯組み合わせてライティングしていく」
というのが基本です。

最近流行りの自然光(窓から入ってくる太陽の光)や定常光(ピカッと光らない光)も使いますが、
基本的には、ストロボ(ピカッと光る光)を使用して撮影しています。

それは、現段階ではストロボ光が他の光に比べ、光や色を思い通りにコントロールしやすく、
撮影者の撮影意図を光の作画に反映しやすいからです。

自然光は、複雑なライティングを組むことが難しい為、
カジュアルでシンプルな写真になる傾向にあります。

現段階では、カジュアルな写真を撮りたい場合以外は、
ストロボ光に分があると考えております。

しかし、カメラの高感度化に合わせ、
LEDや蛍光灯等の定常光照明機材も、進歩してきているので、
今後の変化にも注目してます。

ポージング
被写体が最も美しく見えるポーズでお撮り致します。

着物のポージングには、「型物」と呼ばれるベースがあります。

「型物」とは長年全国の写真師達が蓄積したノウハウであり、
しっかりとした技術で適切な振り付けを行えば
被写体となるお客様とお召し物の長所を伸ばし、
短所を隠す事の出来る技術です。

基本となる型があるからこそ、その人らしさを引き出し、
長年研究されているからこそ、不変的な美しさを持つ写真になります。

カメラ・レンズ
カメラやレンズもこだわりを持って選んでいます。
人の肌をどれだけ美しく表現できるか。
被写体をどれだけ魅力的に見せることが出来るか。
を重視しながらカメラ・レンズは選んでいます。

カメラは画素数よりも階調を、
レンズはシャープさよりもボケ味を重視しています。

背景
被写体となる方を引き立てるために
シンプルでオーソッドクスな背景をメインに撮影しています。

書割バックと呼ばれる、背景の布に絵が書いてあるノスタルジックなモノを使う場合もあります。
この背景は、プリントではなく画家が一枚一枚書き上げたものです。
書割バックは、写真が日本に入ってくる前からヨーロッパで肖像撮影に使われており、
肖像写真の歴史では、長い間メインストリームでした。
最近は、書割バックを廃止するスタジオが増えましたが、
当写真館では今後も充実させていく方針です。

紙の背景は、アメリカ製の高品質なものを揃えています。

現在、背景紙は30種類以上の中から、
お客様に合うもの・今の時代にマッチするものを
選んで撮影を行います。

コンテスト・勉強会
当写真館はコンテストや勉強会にも積極的に参加しています。

これは、自分の作品を主観的な判断だけではなく、
客観的にも評価してもらい、常に新鮮なお写真を提供し続けるためです。

受賞歴
東京都写真館協会 都知事賞1回・都議会議長賞1回・新人賞1回・理事長賞1回・
特選4回・入選多数・証明写真の部優秀賞
日本写真館賞 準大賞1回・入選1位1回・入選3位1回
全国写真展覧会 入選2回
富士プロフォトコンテスト 優秀賞1回・テーマ賞3回
Kodakポートレートフォトコンテスト 佳作3回
コニカプロフォトコンテスト 優秀賞4回
その他受賞多数


商品

修整・色味
お客様にお渡しする写真全てに修整を施しております。

修整は、オート機能を使った簡易的な美肌補正ではなく、Adobe PhotoShop等を使い、
一枚一枚・集合写真であればお一人お一人に丁寧に修整作業を施します。

内容は、シミ・シワ、ニキビ、傷、おくれ毛、色・明るさの補正、
口角や目のバランス、二重あご、ライティングによる不自然な影、シルエット等を自然な範囲で修整致します。

当館では修整は、お客様に写真をお渡しするにあたってプロとしての必須事項であると考えております。
ネガで撮影していた頃は、ネガに鉛筆で修整を施し、
その後プリントにインクと筆でスポッティングという作業を行っておりました。
長年培ってきた経験を元に、自然かつ、お客様にご満足頂ける修整を心がけております。

当写真館では、最終修整は撮影者が行います。
これには、自分の撮影した写真に責任を持つという意味と、
実際にお会いしたお客様の印象を大切にするという意味があります。

その他ご希望箇所の修整も承っております。撮影時及びセレクト時にお伝え下さい。

銀塩プリント
長年改良されてきた高品質なプロ用銀塩ペーパーを使用しています。

最高級ホテルや百貨店の写真室も依頼しているラボにて、
当写真館担当プリントマンが1枚1枚丁寧にプリントいたします。
プリント が仕上がると、カメラマンが検品し、
色等の指示を出しながら再プリントをし出来上がりです。
写真館の写真という長年続いてきた文化を大切にし、
当店では台紙仕上げをメインにお客様に
お渡ししております。

セレクト
基本的には、後日ご来店いただき、
当館スタッフと一緒にセレクトをしていただいています。
これは、お客様のお好みと我々のプロとしての意見を両方生かす為です。

昔、写真館では、お客様に写真は選ばせず写真館が選んでいました。
そこにお客様の好みは反映されませんでした。

現在、撮影した画像をお客様のみでセレクトさせたり、
撮影したデータすべてをお客様に渡して自分で選んで貰うスタジオも
増えてきました。
しかし、それではプロの意見が反映できません。

その為、現在の「お客様のお話を伺いながら、一緒に選ぶ」という形が
ベストであると考えています。

データ・ネガの保存
当写真館では、プリントに使用したデータの保管期限を設けておりません。

現在は、約二十数年分のネガ・データが保管してあります。

東日本大震災や熊本地震等で
家族写真を失ってしまった方がたくさんいらっしゃいました。
その写真のデータが写真館に残っていれば、復元することが出来ます。
写真館で撮影する写真とは、家族の記念であるだけではなく、
そのご家族の歴史・被写体の生きた証です。
また、周辺地域のその時を記録した重要な郷土資料でもあります。
当写真館では、データやネガの保管は、
写真館における重要な仕事の一つであると考えています。

衣装
貸衣装の御用意が約200着ございます。
古典的でオーソドックスな柄を基本に揃えています。
着物のお持ち込みも大歓迎です。
お着物は代々着ることが出来るのも素敵な点です。
お持ちの着物をメンテナンスしたい場合等もご相談下さい。
腕の良い業社さんを紹介可能です。

業界
写真館業界・写真館組合の活動にも積極的に参加しています。
写真館という仕事は、お客様の人生をより豊かにすることの出来る職業です。
たくさんの方に家族写真・記念写真の素晴らしさを知ってもらう為にも
写真館業界自体を盛り上げる・先輩への協力・後進の育成が重要であると考えています。



橋本写真館のこだわりに関するブログ